デンタルクリニック/ことうの

石巻市開北の歯科、小児歯科、歯科口腔外科、歯周疾患の処置、審美歯科

〒986-0806 宮城県石巻市開北2-16-17
TEL 0225-21-8280

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

よくある質問

フッ素はどういう効果がありますか?

1. 再石灰化作用の促進

甘いものを食べたりすることによって、歯の表面(エナメル質)が酸に溶かされます。(脱灰=酸性状態)
エナメル質が脱灰されると唾液の作用で再石灰化現象(溶けかかってる歯を修復する)が起こるのですが、フッ素はこの再石灰化を促進してくれます。

2. 歯質の強化

再石灰時にフッ素が存在すると、フルオロアパタイトとして再石灰化しやすくなります。
それによってエナメル質の抵抗力も強くなり虫歯になりにくく歯質を強化します。

3. 酸に対する抵抗力を高める

フッ素が口の中の虫歯菌の増殖や菌が分泌する酵素の働きを抑える働きがあります。

 

虫歯になりやすいところはどこですか?

歯ブラシが届きにくいところや、磨き残しが多いところです。

1 歯と歯の間
2 歯と歯茎のさかいめ 
3 奥歯の噛み合わせの部分 
4 永久歯萌出途中の歯(歯茎がかぶっているため、汚れが残りやすい)
など、ていねいに磨くことを意識してください。

また、乳歯列の場合は上下とも一番奥の歯と二番目の歯との間が虫歯になりやすい場所です。
大人のかたの仕上げ磨きでも、なかなか歯ブラシが届きにくい場所ですので注意してください。

 

どうして歯周病になるのですか?

歯周病は歯肉と歯の隙間にたまったプラーク(歯垢)が原因で炎症をおこし顎骨を破壊してしまう病気です。
症状としては、歯肉が腫れて歯ブラシのとき出血したり、膿がでて臭いがしたり、歯と歯肉の境目(歯周ポケット)が広がってきます。
この状態が進行すると、歯を支えている骨が溶けだし歯がグラグラ動くようになり最後には抜けてしまいます。

歯周病は、歯周病原菌と全身や生活習慣の問題から起こる病気です。
プラーク、歯石沈着による衛生状態の不良、歯ぎしり、くいしばり、喫煙、口腔衛生不良 など
さまざまな要因が引き起こします。

また、ほとんど痛みのないままに進行するやっかいな病気です。自覚症状も伴わないことが多いため、歯科医院での定期健診がなにより大切です。


※トップページの医療情報はためになるお知らせが毎月更新されます。
どうぞ併せてご覧ください。